page_tit_02.png
page_tit_ph_02.png

3月 大中臣神社 「粥占い」

粥を用いて行われる1年の吉凶を占う「年占い」の神事。
 

2月中旬に新米1升で固めの粥を炊き神前に供えます。
東西南北が示された器に棒が置かれ、棒が交差する中央を大中臣神社として「東福童・今朝丸・西福童地区」の1年の吉凶を占うものです。
 

3月11日に西福童・東福童の区長さんと宮総代の方々でお世話され、粥に付いたカビの色や状態を見て1年間の作物や自然災害の有無を占います。
 

この粥は、その日の夕方まで拝殿に置かれています。

 

≪カビの色の見分け方≫
◎赤 (日照り旱魃・火災)
◎黒 (虫の害・人災)
◎青 (水害)
◎黄色・白 (豊作)
◎汚いカビ (不作)
◎綺麗なカビ (豊作)
◎水滴が多い (冷害)
◎大きなひび割れ (地震)

 

大中臣神社「粥占い」の様子

大中臣神社「粥占い」の様子

大中臣神社「粥占い」の様子
 

【日時】 令和2年3月11日(水) 11時より(1時間程度)
【場所】 大中臣神社(おおなかとみじんじゃ)/小郡市福童
  西鉄天神・大牟田線「端間駅」より徒歩5分
  筑後小郡インターより車で15分
【お問合せ先】 大中臣神社 (0942-41-2059)
  小郡市観光協会(0942-72-4008)

 

 

 

logo_02.png
Copyright (c) 2019 一般社団法人 小郡市観光協会 All right reserved.