HOME > 名所・史跡 > 大中臣神社楼門(市指定有形文化財(建造物))
大中臣神社楼門(市指定有形文化財(建造物))

将軍藤で有名な大中臣神社にある、三間一戸、入母屋造、瓦葺の和様唐様の楼門です。
柱の一部には渦や花が彫られた虹梁が設けられ、隅柱には動物の透かし彫りも見られます。
屋根は正面が桟瓦葺、妻側が本瓦葺で造られています。
現存する楼門は天保年間に再建されたものですが、創建自体は古く、江戸時代前期と推定されています。市の文化財指定を受け、平成4年度に解体修理を行いました。

▼場所   大中臣神社(おおなかとみじんじゃ)/小郡市福童
▼アクセス 西鉄「端間」駅より徒歩5分


▼地図

▼さらに詳しい情報を知りたい方は・・・
小郡市埋蔵文化財調査センター 電話:0942-75-7555>

将軍藤まつり

藤見頃:4月下旬~5月上旬