HOME > おごおりの秋 > 10月 > 10月 第48回狸ばやしの落語会【柳家さん喬の会】
10月 第48回狸ばやしの落語会【柳家さん喬の会】
 東京落語会の中心的存在の一人、柳家さん喬師匠を迎えます。狸ばやしには、何と4回目の出演です。さん喬師匠の最初の出演は1998年6月ですから、18年前にさかのぼります。演題は「天狗さばき」「井戸の茶碗」「鼠穴」でした。次は2003年2月で「時そば」「掛取万歳」「芝浜」。13年4月、「棒鱈」「柳田格之進」でした。
 柳派本来の滑稽噺はもちろん、人情噺、円朝物の怪談噺も積極的に取り組み、多くの落語ファンを魅了している喬師匠。さあ、今回は何を演じてもらえるか、お楽しみに。


 さん喬師匠のご厚意で、林家ぼたん師匠も出演をいただきます。チラシをごらんの通り女性落語家です。「笑点」で「ちゃらーん」と言っていたおなじみ林こん平師匠に2002年入門。3年間の前座修業を終えて、二ツ目昇進。そして今春、めでたく真打ち昇進。狸ばやしで、遅ればせながら真打ち披露の会となりました。
 演芸専門雑誌「東京かわら版」の真打ちインタビューで「一席一席を正々堂々と演じたい」と語ったぼたん師匠。狸ばやしの高座でその決意を見せてくれるはずです。

詳細情報

【第48回狸ばやしの落語会】
柳家さん喬の会
ぼたん真打ち披露


【日時】10月16日(日)午後1時45分開演
【料金】
 予約・前売り 2,500円
 当日 3,000円
 おしどり券(夫婦で予約・前売り) 4,800円
【お問い合わせ先】
 TEL:080-6455-5457(宮原)
 E-mail:m.kysta5@beetle.ocn.ne.jp
 Facebookページ:狸ばやし
第46回狸ばやしの落語会 チラシ

▲画像をクリックすると拡大表示されます