HOME > 小郡市観光協会について > 【久留米まち旅博覧会】古民家で蕎麦打ち体験 宿場町松崎をぶらり
【久留米まち旅博覧会】古民家で蕎麦打ち体験 宿場町松崎をぶらり

まち旅は実施終了いたしました。当日の様子はこちら←クリック

66

乗り合いタクシーでめぐる小郡の歴史を食探訪

古民家蕎麦打ち体験 宿場町松崎をぶらり

国の登録有形文化財である「とびうめ」で自分で打った蕎麦をいただいた後、西郷隆盛も宿泊したとされる旅籠がある松崎宿へ。
タクシーで行く歴史浪漫プチ探訪はいかがですか。

とびうめ

蕎麦打ち体験会場となる現在の創作・懐石料理「とびうめ」は、昭和30年代まで造り酒屋として使用されており、国の登録有形文化財に指定されている古民家です。

▲画像は一定時間で入れ替わります▲

開催情報

【日時】1121日(土)・22日(日)
 (1)10時00分~13時00分 (2)13時00分~16時00分
【集合場所】西鉄天神大牟田線小郡駅前(小郡市祇園1丁目)
【会場】とびうめ
【料金】3,500円(蕎麦代・タクシー料金含む)
【定員】(1)(2)各1台(4名集まると運行いたします)
【予約について】9月24日(木)12時より予約受付開始
※実施日の1週間前までに要予約
【お問い合わせ/予約先】小郡市観光協会 TEL:0942-72-4008
machitabi0103.gif久留米まち旅博覧会HPでも情報をご確認いただけます。【右のバナーをクリック】
【集合場所 地図】

松崎宿

上町辻堂 石盥盤

上町辻堂 石盥盤

見つけた♪ 隠れた『恋人の聖地』

松崎上町の札所(三井川北四国中霊場)の前にある上部がハート形に彫られた水盤。元禄10年(1697)に造られたと考えられるもので、「せきすいばん」と読まれています。こんな古い時代にハートのモチーフが掘られているなんて、『恋人の聖地』にふさわしい隠れた名所です。タクシーツアー中に是非探してみて下さい。
油屋本館・復元された中油屋

油屋本館・復原された中油屋

旧薩摩街道・松崎宿の古い旅籠(油屋)

西郷隆盛や伊能忠敬も滞在したとされる松崎宿の古い旅籠、油屋。近くには、関所の役割をしていた構口や旧家・三原家の土蔵と離れ座敷の洋館を利用した松崎宿歴史資料館もあり、油屋で使われていた食器などを見ることが出来ます。少し歩くと松崎藩の馬場もあり、春には美しい桜でピンクに色付きます。平成27年には中油屋が復原され、本館も現在解体復原工事中です。

城山公園の紅葉の様子(H27.11.10現在)

池から見た紅葉
銀杏
並木道
銀杏
公園広場のメタセコイヤ
紅葉

小郡運動公園の紅葉の様子(H27.11.10現在)

運動公園のハゼの木
運動公園前のケヤキ並木

七夕神社の紅葉の様子(H27.11.10現在)

七夕神社境内
七夕神社境内

霊鷲寺の紅葉の様子(H27.11.10現在)

霊鷲寺参道の紅葉と杉並木
霊鷲寺参道の紅葉と杉並木


 

yosu.png古民家蕎麦打ち体験 宿場町松崎をぶらり

11/21(土)午前のコースの様子

蕎麦打ち体験中
熱心に猫の手を習得中

中油屋では、小郡市の歴史を守る会の方による熱心な説明がありました 

中油屋では、小郡市の歴史を守る会の方による熱心な説明がありました
石盥盤

11/22(日)午前のコースの様子

城山公園散策
猫の手 猫の手
秘蔵の酒蔵内の地下室
現在見ることのできない解体中の松崎油屋
「ブラタモ」気分で構口を散策
城山公園散策
松岡家住宅を内覧中
中油屋で熱心にレクチャーを受けておられます
「ブラタモ」気分で構口を散策

11/22(日)午後のコースの様子

城山公園散策中
ハイスペック(*'▽')
ハイスペック(*'▽')
熱心に松崎宿を勉強中
ハイスペック(*'▽')
ハイスペック(*'▽')
自分で打ったそばと日本酒と仲間で舌鼓
おまけで寄った七夕神社
ご夫婦末永くお幸せに・・・